ブログ

【評判/口コミ】アスリートランナーPROのWEB上の声を、集めてまとめてみました。

高機能ながらも、価格はこれまでのスポーツタイツの半分以下という圧倒的なコストパフォーマンスで注目される「Runtage アスリートランナーPRO」。利用するスポーツ愛顧家の方が増えています。

しかし一方で、
「価格は魅力的だけど本当に大丈夫なの?」という購入前の迷いの声があるのも確か。

そこで今回は、様々なユーザーの声を集め、なるべく偏らないフラットな視点で「アスリートランナーPRO」のWEB上での評判・評価・口コミについて、調べてまとめさせていただきました。

購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アスリートランナーPROとは

まずは「アスリートランナーPRO」のことを簡単にご紹介、おさらいします。

「アスリートランナーPRO」の製造元は創業95年の老舗靴下メーカー「イイダ靴下株式会社」。脈々と受け継がれる高い技術力を継承しつつ、独自研究により時代が求める様々な機能を靴下やスポーツタイツに盛り込み世に送り出してきた会社です。スポーツタイツのほとんどが海外製品という中、今もなお、国産(佐賀に工場があります)にこだわっています。

そのイイダ靴下が、「アスリートランナーPRO」を自社ブランド製品としてリリースしたのが2013年。スポーツタイツシリーズの基本売価が4000円弱からという、これまでにはない価格帯と機能性を兼ね備えていることから、発売以来累計販売本数60,000本を突破しています。

主な特徴は以下の4点です。

  • 下半身全体を適度に着圧することで、衝撃からの保護、痛みへのサポートを実現
  • 経験豊富な技術者のテーピング編みにより、脚の疲労軽減、スムーズな足運びを実現
  • 快適な履き心地と天然素材より耐久性が3倍高い特殊繊維『Tactelファイバー』の採用
  • 「アウトゴム製法」による腰ゴムにゴロ付き感のない快適な履き心地

WEB上の評価を見てみましょう

ブログでの評価

さて、いよいよここからユーザーの口コミ・評判をご紹介します。

まずはランニングや登山などを楽しんでおられる個人の方のブログ記事からアスリートランナーPROの使用感をご紹介します。いくつかある中で、質・量ともに素晴らしいレポートを見つけました。

レビューなどでいろいろな意見があると「どれが正しい?」と悩ましくなりませんか?この方は、ご自身のことを「いつも辛口批評」と書いておられますし、ブログ記事の内容も率直で説得力があります。レビューを判断する基準として参考になると思います。

 

■品質
送られて来たパッケージを見た時、
初めて手にした時は、
かなり安っぽさを感じましたが、実際に装着して触れてみると、
値段以上のクオリティを感じました。

最初は、やたら「日本製」をアピールしている点に怪しさを感じていたのですが、
実際に走ってみて、その印象は一転し、
日本製ならではの丁寧なモノづくり、Made in Japanの品質を感ることができました。
明らかに安いだけの中国製とは違います。

引用:Find Something

4+1記事に渡って、良い点も悪い点も丁寧にレビュー頂いていました。

 

その他のブロガーさんの記事も、
良い点・悪い点含め、大変参考になります。

そんな愛着があるアスリートランナーPROですが、1年半前に購入した状態と現在を比較してみた。

シーズン中は履いて洗って履いて洗っての繰り返しだったので、さぞかし縮んでいるだろうと思っていたけど、比較してみるとそうでもないので、アスリートランナーPROを少し見直しました。

引用:思い立ったがなんとか。

購入1年以上でのレビュー。
この記事のように『前開き』のご要望が多かったため、Runtageからも前開き付きタイツが、発売されました。

 

引用:お腹がすいたら更新するブログ

トレッキングやロードバイクでご利用頂いているレビュー。
ひざの負担感について、体験を混じえて言及頂いています。

今のところの結論!
3280円なら、お奨めです。
version2がこの値段になれば、即2枚目を買おうと思いますからね。
スポーツタイツを試してみたいと思っている人。
練習用にお安いタイツが欲しい人。
自分のような貧乏ランナーには、有り難いタイツだと思います(人-)感謝

引用:へなちょこ野郎の人生日記!

最初は履きにくさは辛口なものの、履いてしまった後は高評価なレビュー。

version2とはカラーバリエーションが増え、UVカットなどの機能が追加された分、少し金額が高くなった改良版の製品。
(それでも、4280円とリーズナブルです)

何が気になるって
めちゃ安いのです

今まで ランニング用に使ったタイツは2種
ワコールCWXとkaepの4WM
いずれも 一本一万円オーバー

ところがアスリートランナーPRO
一本2780円 二本買うとさらに安くなる

引用:marenyanko

他社さんのタイツと比較頂いたレビュー。
透け具合が気になるため、重ね履き・トレーニング用途でご利用頂いているようです。

 

次に、
ショッピングサイトでのレビューをご紹介します。

ショッピングサイトでの評判・口コミ

メーカー直販サイト、Amazon、楽天、yahoo!ショッピングなどのレビューの傾向をまとめてみました。

取扱いサイトのレビューを確認したところ、アスリートランナーPROに対するレビュー数はどのサイトも比較的多く、注目度の高さがうかがえます。
(売れ筋の10分丈について、yahoo!ショッピングで113件、アマゾンでは126件、楽天では56件のレビューが入っています:2017年10月19日現在)

以下、ランニング、ウォーキング、登山、テニスなど様々に体を動かすシーンで、多くの方が実感しておられるアスリートランナーPROのテーピング効果、フィット感を中心に、ユーザーの声をご紹介します。一方で、その逆の違和感がある点、アスリートランナーPROの気になる”薄さ”についてもまとめてみました。

※いずれも購入者様それぞれの感想であり、効果や着用感には個人差があります。参考情報のひとつとしてお役立てください。

1.テーピング効果について

レビューで多くの方が評価していたのが、フィット感のよさとテーピング効果です。

登山に何度か使用してのレビューです。当日はあまり実感がありませんが、次の日の筋肉痛がほとんどありません。これって気のせい?と思いましたが、そうでは無いようです。何度か試しましたが、筋肉痛にならない効果は絶大です。

特に多かったのが、テーピング効果により「筋肉痛にほとんどならなくなった」という声です。

フィット感がややきついと思いましたが、テニスで試したところ違和感なく軽快にプレイ出来、気持ち疲れも少ないように感じました。ふくらはぎの肉離れを経験しテーピングを時々していましたので、その点でこのタイツは気に入っています。

また、筋肉痛などの痛みの軽減以外に、動きやすさ、足の軽さなどをあげる人も多いです。

膝太もものサポート力、脚が軽く上がります。このお値段で、これだけの機能のあるものは、他には知りません。非常に良い製品です。

テーピング効果に対してのこの価格ということで、やはりコストパフォーマンスに魅力を感じている方が多数。

ランニングで膝の痛みが出る度に休養しておりましたが、サポートタイツのことを知りいろいろと探していた所、この商品を見つけました。いきなり高額な商品には手が出ないので、この商品はありがたかったです。みなさんが言うように透けるのがちょっとイヤですが、膝はきっちりサポートしてくれ、痛まなくなりました。安くてイイ商品だと思います。

高額なタイツは自分にあわなかったことを考えると手が出しにくい。その点、アスリートランナーPROは、良い意味で『ダメもと』で試しやすくご評価頂いるようです。

2.フィット感

「筋肉痛予防になる」という声とともに、以下のようなフィット感のよさについてのコメントも多くみられました。

履くだけで、きちんとテーピングをしたような感覚です。真に、テーピングいらずの優れもの感です。

ジムでのトレーニング用に購入しました。某有名メーカーのタイツより適度の締め付け感とフィット感があり、履きやすいです。次も是非購入したいと思います。価格も安くとてもお得感があります。

きつすぎず、弛すぎず、ちょうどよいしめつけ感でした!長時間の試合にはいています‼

細くて長めの股下で、Mサイズがぴったりでした(立ち姿勢で股下83cm位)。一日8時間のトレッキングで、位置ズレも全くありませんでした。足の太い方は、横伸び分丈が食われると思います。これは試してみないと判りませんね。

8時間のトレッキングと、かなりタフなご利用シーンでも機能されたようで、とても参考になるご意見です。

3.サイズ選びとフィット感

自分の体に合ったサイズのものを選ぶことは、フィット感や機能面での実感に影響するようです。そのため、アスリートランナーPROの取扱いショップでも、サイズ情報はなるべく詳しく発信する努力をしています。

とはいえ、実際に履いてみないと分からないこともあるため、レビューの中には、「サイズが合っていなかったためか、ずれてきたり、テーピング効果を感じにくかった」という声が、少数派ながら見受けられます。

ここでは、そうした違和感があったという方のコメントをご紹介します。ただ、その違和感を期待外れ的にバッサリ斬るという感じではなく、「別のサイズの方がよかったかも・・・」とコメントする方が多く、アスリートランナーPRO自体は好意的に見ていただいているのかなという印象を受けています。

サイズ: 私、173センチ75キロのぽっちゃりメタボ体型です。十分丈LLサイズを購入。使用中に股下が下がってきます。3Lでも良いかもしれません。出っ張りお腹のせいでウエストゴムがクルッとなるのは仕方ないですね。生地に高級感は無いですが、気軽に使えて気に入っています。

身長156センチ 細身。細くても身長でサイズを選べと言うことで Mサイズを購入しましたが、着圧を感じませんでした。 大きかったのか、それともそんな物なのか…? 登山での下山時の左脚股関節の痛みを和らげる為に購入しましたが、関係ありませんでした。 登った山も 立山の雄山だったので、特に脚の疲労はなかったです。 次はSサイズを購入しようと思います。

確かにMサイズで丈はぴったりでした。ですが、着圧感がイマイチでした。ただのスパッツ状態。サイズは短くてもSサイズを買った方がよかったのかな?と後悔しています。

はき心地はよいです。ただサイズが違ったのかタイツがお尻まで上りきれず少し短かったかなと思います。指定ではLサイズと思いましたが、サイズ選びが難しいなぁと感じました。因みに身長166cm、体重64kgでLを選びました。以前にフルマラソンを何度も走っていましたので一般的な体型に近い?と思っていますが。(^^)

4.薄さに対するコメント

レビューの中には、薄さを指摘する意見も散見されました。ただし、テーピング効果に対する評価と比較すると、その数はかなり少なく、薄さを指摘する人も、機能面には満足されている方が多く、夜のランニングに使うなど、使い方を工夫されているようです。

薄さについては私たちブランド・メーカー側も「一般的なスポーツタイツに比べて多少の透け感があるため」として、パンツとの重ね履きを推奨しており、購入者の多くは薄さについて織り込み済みなのかもしれません。また、改良版の最新製品については、徐々に透け感が軽減されています。

確かに薄いがどうせ短パンを重ねて履くので問題ない。他のタイツも併用しているがこちらの方がサポート効果が明らかに高い。

すごく生地が薄いです。すね毛が貫通して出てくるので恥ずかしいです。締め付けが結構あるので、ランニングをしていると痛くなる時があるので、上下に引っ張って位置を変更するとましになります。ひざが不安なのでランニングの時はいつも使っています。

Lサイズを購入、自分が太め(172cm、80kg)のせいもありますが、太もも部分がスケスケです。明るい時間での着用は娘に止められましたが、テーピング効果は期待できるので、ナイトランニングに使用しています。

ツィッター上での評判・口コミ

最後に、ツィッター上での評判を探してみました。


「使用感を聞きたい」という投稿や、「手軽に使っています」的な投稿が多いようです。

まとめ

いろいろなユーザーの声を見ましたが、「アスリートランナーPRO」のコストパフォーマンスとテーピング効果など機能面の高さは、多くのユーザーが実感しているところのようです。もちろん、フィット感などにおいてイマイチと感じる人もいましたが、どちらかというとそれは少数派でした。いろいろな感じ方、ご意見はあると思いますが、全体像として捉えた場合、アスリートランナーPROは、単に「安かろう、悪かろう」の製品ではない、と言えるのではないかと思います。

スポーツタイツの購入を考えており、アスリートランナーPROが気になっている方は、まずは試しに購入してみてもよいのではないかと思います。ただし、タイツ自体が通常のスポーツタイツに比べてかなり薄いということ、サイズが合っていないと、期待通りのフィット感、着圧感が得られないかもしれないのでサイズ選びが大事、ということはしっかり認識しておいた方がよいと思います。

 

この記事で紹介した製品『アスリートランナーPRO』はこちら


関連記事

ページ上部へ戻る